AUN J ニューアルバム「環ル森(めぐるもり)~Sustainable Forest~」に「夢のなる木」が掲載されました

【CDジャケットイラストになりました】

私のベストセラー笑 な「夢のなる木」がCDジャケットイラストに採用されました!

告知動画にもどどーん! と出ています!

https://heart-tree.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2701734&csid=0
(先行予約ページです)

カラフルだね~いいね~(自画自賛)

AUN J CLASSIC ORCHESTRAさんに使っていただけるとは。

世界各地で活躍するバンドさんです。

http://www.aunj.jp/

パラリンアートさんの精力的な活動にいつも舌を巻いてます。
ありがとうございます。
そんなパラリンアートさんの公式サイトはこちら。
https://paralymart.or.jp/association/

余談ですが、今回のAUN J さんの動画は、オール字幕です。
それはイラスト担当をした聞こえない私が理解出来るように字幕をつけてくださったとのことです。

そんな素敵な方々の大切なCDジャケットに掲載させていただけることは、画家冥利に尽きます。きっと素敵な音楽を奏でるんだろうなぁ。ちゃんと聴いてみたいですね、生で。

志方弥公

共同展が始まります!

明日から共同展が始まります。

本当に素敵な場所です!!

明日~週末は暖かいので、是非散歩がてらにお洒落な代官山を歩きながら、アートに触れてみませんか♥

行き方も動画にて紹介されておりますので、分かりやすいと思います。

私も行きたかった……!

でも今年、東京へ行く予定、出来るかもです……!

頑張るぞ~!

志方弥公

【2021年2月11日(木)~14日(日)共同展の案内】

lots of heartsvalentine’s exhibition

2021/02/11 thu – 14 sun
11:00 – 18:00

場所:SPACE K 代官山
https://space-k.info/
090-1204-4840

〒150-0033東京都渋谷区猿楽町25-1 edy代官山 2F

———————-
お知らせです!

2021年は2月に代官山にて共同展に参加します。

ギャラリーには行けませんが、コットンには会えます。

是非、最新作をご覧くださいませ。
宜しくお願い致します。

志方弥公

「通過点」への思い inパークホテル東京

パークホテル東京さまのところで展示されていた「通過点」が売れまして、現在展示しておりません。

なので、代わりに質疑応答とそれに対するパークホテル東京さまからのコメントを掲載しておきます。
宜しくお願い致します。

志方弥公「通過点」

志方さんの作品に出てくるコットンのご紹介をお願いできますでしょうか。

私は耳が聞こえません。幼少時は言語の習得がかなり遅く、自己表現が出来ずにいた時に、頭の中で自分の感情を上手く処理しようと努めていた頃に出てきたイマジナリーフレンドです。白クマと間違われますが、ムーミンのような架空の生き物です。

コットンは白黒があり、いつも出てくるのは白です。子供の頃に祖父から貰った白クマのぬいぐるみの生地が珍しくタオル生地で、ざらざらしていて気持ちが良かったのです。

その記憶が強く結びついていて、コットンの肌触りはタオル生地と決まっています。

コットンは私の頭の中にいますが、そうなればいいな、という設定があります。

白黒コットンはあの世とこの世の境目に住んでいます。

もし私が肉体を離れたら、黒コットンに三途の川を渡るために舟を出してもらい、7つの関門を白コットンに案内してもらいたいと思います。

その希望があるからこそ、私は頑張ってこの世に生きていけるのだと思います。堂々と胸を張って、この世での宿題を済ませてきたよ、とコットンや一足先に逝った先祖たちに報告するために。

白と黒のコットンは仲間であるか、同じキャラクターであるかお伺いしたいです。

黒コットンは白コットンと対極にある存在であり、影のような存在です。実際に白コットンの影である描写も時々あります。

白コットンが陽気だとすると、黒コットンは大人しく、引っ込み思案です。

私がひどく落ち込んでいる時は、白コットンではなくて黒コットンを必要とします。

黒コットンはいつだって傍にいて、静かに見守ってくれますから。そして黒コットンが恋しい時に、自分がひどく疲れていることに気付けるので、分かりやすくて助かっています。

白コットンは元気な時に一緒に旅立ちたい存在です。私が行けない時は白コットンに旅立ってもらっています。

「通過点」は、どのようなストーリーを表現していますか。

人生、生きているとままならないことが多々あります。

今年に入ってから、世界中の人々がままならない大きな出来事があったのも、私たちが生き方や生活、思考を大きく変えるきっかけとなりました。

そんな時にコットンがひょっこりと出てきて、「それもまた人生の通過点だ」と言い切りそうです。

そんな表現をしてみました。

「通過点」という作品名の解釈をお聞かせ下さい。

肉体を得てこの地球という舞台で生き抜いている私たちは一体どこへ向かおうとしているのでしょうか?

そんな風に考えたことはありませんか?

人生の目標というのは、何か目的があって設定するものですが、人生のゴールとなるとニュアンスが変わってくる不思議さがあります。

今年に入ってから、私たちは翻弄されています。

人生の目標もことごとく壊された方も多くいるでしょう。

けれど、俯瞰してみるとこのような出来事も私たちの人生において「通過点」なのです。

今回の「通過点」において、考えを改めたり、方向を転換させたりして、人生の転換を試みたのではないでしょうか。

その結果が良いか悪いかというのではなく、舵をとって転換するエネルギーを使ったことが大事なのだと思います。

「人生の目標」はあくまでも生き方の指標であり、「人生のゴール」は魂そのもののこの世での宿題を終えた瞬間じゃないかな、と思いました。

それならば、「人生の通過点」というのは、「人生のゴール」を目指す「通過点」なのだと思います。

おもてなしコンシェルジュ
ヴァルツカイテ イェヴァ

誰もが常に安心感を追求している。
追い掛けているものは、生き続けるための安心である。
安心は様々な形で現れ、人間の大切な友で生存の大きな鍵ではないかと考えられる。
作家志方弥公の友は、コットンという肌触りがザラザラしているクマだと本人が語っていた。
どんな状況や場面でも友には悪気がなく、必要なときに別の世から降りてくれる。
乱流時等には友のコットンが、「これは人生の通過点」だと落ち着かせ、混乱期を乗り越える重要な応援パートナーである。
作家の「通過点」の選択は素晴らしく、この言葉で作品を巧みに表現したと考える。
友が明るいところから迎えに行き、今後の道を一緒に歩いて行きましょうと呼びかけている印象が強いものである。
優しい感じの絵であるが、目を離せないほどのパワフルな安心感を発信している作品だと思う。

https://parkhoteltokyo.com/ja/art-colours/vol34/

2021年カレンダー先行予約始まりました。

https://m-i-s.stores.jp/

2021年カレンダーの予約を始めました。

今回はストアーズのカートを使っているので、支払い方法はクレカなど色々使えるようになりました。

宜しくお願い致します!!

なお、新商品のメモ帳など、販売中の商品との同一注文が無理なので、別々にご購入いただき、備考欄に同梱希望とお書き下さいませ。

その分発生した余分な送料をこそっと商品と一緒にお返しします<(_ _)>


https://m-i-s.stores.jp/

アートの収穫祭展 in パークホテル東京

【日時】2020年9月24日(木) – 2020年11月29日(日)

※プロジェクションマッピングの投影は日没~22 時を予定しています

【場所】パークホテル東京 (汐留メディアタワー)
〒105-7227 東京都港区東新橋1丁目7−1 汐留メディアタワ フロント25F

【コンセプト】 
パラリンアート所属の6人のアーティストの力作を約二ヶ月間、パークホテル東京にて展示をします。 
秋らしい作品を揃え、収穫の喜びと感謝の気持ちを表現した作品が多数あります。 
場所としてもアーティストにとっては最高の場所です。 
なぜなら、ホテル自体がアートであり、アートの部屋があるぐらいのアートを愛するホテルだからです。 
日本人だけでなく、海外の訪問者が多く訪れる有名なホテルです。 
しかも場所が汐留という、東京の中でもメジャーな場所です。 

二ヶ月もあるんだから、とのんびりとしていると、あっという間に終わってしまいます……! 
コロナに負けずに、芸術の秋を満喫してみませんか。 

噂では、パークホテル東京のどこかのバーにて展示作品からインスピレーションを得たカクテルが飲めるとか……。 気になるので、私も飲みに行きます……!!!!!!!!

追伸:なんかプロジェクトマッピングもするみたいです。私たちの作品がでかでかと映し出されるっぽいです……。コットンが何やら建物にドーンと現れてるなぁと思っていたので笑 

是非宜しくお願い致します。 

志方弥公

【2020年個展のお知らせ】

志方弥公作品展 ~大地を愛せよ 大地に生きる~

【志方弥公作品展】
~大地を愛せよ 大地に生きる~

場所:紀伊國屋書店 梅田本店 西側ウインドウギャラリー
会期:2020年6月19日(金)~7月4日(土)
時間:午前11:00~午後20時
(最終日:17時まで)作家在廊予定日時:

2015年制作渋谷壁画が消え去ります。

【お知らせ】

渋谷駅前にある東急百貨店東横店が取り壊しになりました。(再開発のため)

私が初めて手掛けた壁画も一緒に消え去ります。笑

壁画って何!? どうやんの!? どうしよう!!

って感じでスタートさせた渋谷壁画。
取り敢えず東急百貨店の担当さんと打ち合わせしつつ、デザインが決まり、スケジュールも決まり……。
都合により、終電後始発までの深夜作業となりました。
一日の作業時間は大体2時間弱だったかと思います。

この場所での幽霊話や実際に遭遇したかもしれないオカルト事件もありました。
(深夜2時~4時くらいの間でしたのでね……)

2015年に手掛けた初めての壁画がなくなるかと思うと、小っ恥ずかしさが消える安堵感と寂しさが入り混じり、ちょっと何とも言えないセンチメンタルな気持ちになりました。

去年9月の渋谷スクランブルスクエア壁画作業の時にもう一度見られて良かったです。何度も。

そしてその壁画を通して新しい出会いもありました。

「あれがあなたの作品だったの!!!!」

と驚愕された時はどや顔しちゃいました。

「どっかで見たな」
「なんかあったね、そういえば」

というような、記憶の隅っこにかすかに残ってくれるだけでも、私は「大成功だった!!!!」と誇らしく思います。

有り難うございました。

そしてこれからも宜しくお願い致します。
今年も壁画作業頑張ります。コロナが心配ですけど、結局は免疫力をしっかりとつけ、規則正しい生活を心がけることで防げると思います。

志方弥公 2020/03/02